将来に対するもっさりとした不安・・・
PROFILE
name : 日本大学芸術学部落語研究会
正式名称は「日本大学芸術学部文化部連盟落語研究会」
学内では現在「落研(おちけん)」と略す事が多いですが、「落研(らっけん)」という読み方が正しいとのこと。
ある本では学生運動が華やかな頃、落語好きな学生が「全学連」を皮肉して「全落連」を組織。これが各大学にある「落語研究会」の起源である。したがって「落」のよみかたは「らく」であって「ぜんおちれん」では皮肉にも何にもならないため「らっけん」と読むのが正しい。
みたいなことが書いてあった気がします。

<総部員数>(平成21年12月2日現在)
4年生:男子2名
(うちの部では4年生はOBとなります)
3年生:男子6名・女子2名
2年生:女子3名
1年生:男子4名・女子3名
            

<年間スケジュール>
ー4月ー
・机出し
・大講堂クラブガイダンス
(今年は、コント+映像)
・見せ稽古
(新入生に稽古を公開。ここで新入生に高座扇と手拭い、そして伝統の「道具屋」台本が手渡される)
ー5月ー
・遠足
(新入生の希望をとって小旅行、今年は「江ノ島遠足」でした)
・新入生歓迎コンパ
・春祭寄席
(所沢校舎で行われる「新入生歓迎行事」で寄席をやります。1年生は色物担当です)
ー6月ー
・浅間湯寄席
(江古田の銭湯「浅間湯」のホールでの寄席。2年がはじめて主任をとります。まだ一年生は色物担当)※今年は行いませんでした。
ー7月ー
・夏の所沢寄席
(所沢校舎野外円形ステージでのゲリラ的な寄席。一年生はこの過酷な状況で初高座を踏む。)
・夏の江古田寄席
(一年生が一人だけ前座として選抜される。江古田校舎E棟2階にて。)
・前期稽古納め
(前期の稽古をしめます。2年生は1年生が合宿で稽古する「三棒」を披露。)
・前期納会
(前期はお疲れ様でしたっていう飲み会。)
ー8月ー
・夏休み
(学校も落研も完全オフ。)
―9月ー
・夏合宿
(6泊7日の合宿。午前中には稽古を終わらせて朝まで飲む。一年生は「三棒」を稽古、それ以上は次の寄席にかける根多を稽古。最終日には一年生の次の根多「付焼き刃」をまたしても2年生が披露。)
・「付焼き刃」稽古
ー10月ー
・与太郎勉強会
(一年生が3人選抜される。江古田浅間湯にて。)※今年は小竹町会館でした。
ー11月ー
・秋の江古田寄席
(落研のメインイベント。学部祭「芸術祭」で三日間通し興行。一年生は自由に選んだ根多をここで初めて披露。江古田校舎教室にて)※今年は所沢校舎で行いました。
・後期稽古納め
(後期の稽古をしめます。)
ー12月ー
・後期納会
(後期お疲れ様でした、よいお年をっていう飲み会。仮装カラオケ大会をして盛り上がります。)
・クリスマス寄席
(クリスマスに寂しい輩が集まってやる寄席。お客さんもそんな人ばかり。”負のエナジー”が爆発します。)
・冬休み
ー1月ー
・特に無し
(テストやレポートに追われます)
ー2月ー
・学年末休み
(さみしんぼは江古田で待ってます)
ー3月ー
・追ん出しの会
(4年生の最後の高座。2年生が色物を担当、一年生は前座を担当。江古田校舎中講堂にて)
・春合宿
(卒業旅行なんて誰も言わないが・・・)
・追い出しコンパ
(卒業してもかまって下さーいっていう飲み。)

<稽古について>
週三日
一年生の時間割を考慮して曜日を決めます。
基本的に寄席の1〜2週間前からは週5日で稽古。


<連絡先>
nichigei_ochiken@hotmail.com