将来に対するもっさりとした不安・・・
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
追ん出しの会大団円

お忙しい中、3月9日の追ん出しの会にお集まり頂いた皆様方に
心からの感謝の意を表させていただきたいと思います。

誠にありがとうございました!

(↑撮影日…おそらく去年の9月)

きっと満足していただけたことであろうと思います。


さて、今回長きにわたり催されてきた卒業公演での初の試みとして、
番組最後にお楽しみ「オチケンサンバ」ブチカマシタわけですが

踊り慣れしていない、ましてやまともに体を動かすことすらままならない
ダンス初心者の部員たちには、練習で並ならぬ苦労がつきまといました。


陣形を決める。大勢で踊るには厳密なフォーメーションが必須(なんですかねぇ?)


練習第一回目。踊ってみる寿四浪と蓮舫。まだまだギコチナイ動き。


✽注(追いかけっこしをているわけではない)


しかし練習もいよいよ大詰めに入ると、難しい振りもなんとかこなせるようになりました。


未だ動きがバラバラな感じが仄かに見受けられるような気がしますが、
細けぇこたぁイイんだよ精神で無事乗り越えました
器はでっかくいきたいものです


前日準備。

舞台上で本番のシミュレーションを行うOB・微微亭鼠男となんちゃっ亭令嬢。


会場作りをこの日に行います。(今年はそれに加えてダンス用のボンボン作りも)


なお高座作りは、屏風(超高価)の貸出などで演劇学科さんの協力なしには出来ない作業です。
毎年お世話になっております




会場隅に太鼓も設置。パンと恋路が出囃し担当。
蓮舫、長唄研究会さんのスパルタ指導の元、仕上がりは上々。
本番でとちらにゃ問題ない。


ついに迎えた本番当日。
花家キューピッドさんの御両親から花束が届いていました。
お気遣いに至極感謝です。



百花繚乱と共に記念撮影。

ここ一番の女の顔 其の


最高にキラキラしてますよダンディーさん


ここ一番の女の顔 其の



開演前の準備。
機材の設置。危なっかしいやつは絶対触れさせてもらえない作業



ハローキティを頭に掲げるG2。
コントでハジケていただきます


歌舞伎メイクの小珍ん&豆大福。もちろんコント要員。
既にハジケてる



ひかる亭源氏、開場直前最後のシミュレーション。
漲る緊張感。



あっという間に開演時間
開口一番は温々亭暖太ん 根多「壺算」



微微亭鼠男 根多→「死神」



コント(出演…欲張亭G2、各駅停舎逃☒、桜ん坊小珍ん、鳩家豆大福)



中トリ、なんちゃっ亭令嬢 根多→「夢金」



柳家さん生師匠を迎えてのご挨拶。

この後、師匠による恒例の一席。



漫才(演者…握っ亭寿四浪、露西家蓮舫)

✽注(漫才中の写真が無いため、いつぞやかに撮影された2人の一枚で勘弁)



トリ、ひかる亭源氏 根多「薮入り」



フィナーレ「オチケンサンバ」(演者…部員総出)



全体の流れはこんな感じでした。
途中、サンバ直前に寿四浪が姿を消すというちょっとした騒ぎがありましたが
(真相→源氏の高座を客席で観てた。源氏の指示で)
滞りなく会を終えることができたと思います。



終了後、部員一同と会の進行に協力していただいた長唄研究会さん・歌舞伎舞踊研究会さんや
顧問の山本先生を交えて集合写真を一枚。

あらっ、寿四浪は??


卒業公演の前座という大役を経験した暖太ん。
得たものは大きいのではないでしょうか。



サンバ用メイクのOB三人衆。
Just the way you are{素顔のままで}と言いたいところですが、
面白いのでどうぞこのままでお願いします。



最後に、道具の貸出や舞台の設営に関わっていただたいた演劇学科の方々、
毎年会の為に時間割いていただいている長唄研究会さん歌舞伎舞踊研究会さん、
山本先生、柳家さん生師匠、そして第四十五回追ん出しの会にお越しくださった
皆様方に、落語研究会一同より深く御礼を申し上げます。

とにかく有難うございました!来年もお付き合いのほど
よろしくお願いいたします。


4年生方、お疲れ様です。

部員日誌 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>