将来に対するもっさりとした不安・・・
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
欲望という名の夏合宿メモリアル{最終日編}

 生きづらいです。    ハイ、甘えです。 新ねこです。



合宿最後の稽古終わり、

恋路のピアノ演奏に耳を傾ける。
四国1位の経歴は伊達じゃなく、冗談抜きの実力
5日目に弾いてくれた「菊次郎の夏」は絶品でした。



昨年、舞い上がったテンションの果てと見紛うかごとき突進で
ブチ抜いてしまった壁の巨大な風穴が、驚きの白さでもって見事復活
破壊した張本人ビックリ!
(前会長の判断、「連帯責任」として修繕費ひとり3000円ずつ徴収されたのには、
未だに納得がいかない



稽古閉めのため一旦集合。


お調子者め


二日酔いでグロッキーの小珍ん。
昨夜の記憶は無い。


集合写真撮影のためカメラをかまえる源氏兄さん。
自分のカメラも渡して撮ってもらえばよかった。ウッカリしてた。


撮影終了。みんなイイ顔。



終始ダウン状態の小珍んに注がれる、
冷ややかな視線…


食堂にて。あとは昼飯食べて帰るだけ。




新旧会長、Wカメラ目線。なんか、おもしろい。


バスが来るまでの間、熟年層向け成年誌の懸賞に応募する
音吉と喰覇。狙いは×××(お察しください)。
当たった場合のプレゼントの届け先は、準二の住所…。


バスへ乗車。向かうは奥多摩駅。

約40分もの間、険しい山道を下り続ける。
揺れまくりのスリルある乗り心地



僕らの芸責。
ひと仕事終えた感のある表情。おつかれさんです。


やっとこさ駅に到着

片方はまだ元気ありそうね。


あまりに無防備すぎる、自然なアクビ面
食べられそう



解散前の円陣。
万遍なく顔に疲労の色が見えます。
でも、あとは帰るだけ。


電車内では無論、寝る



お家につくまでが合宿です。

とにかくまぁ、全員お疲れ様でした。


部員日誌 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>