将来に対するもっさりとした不安・・・
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
脱走と追跡の夏合宿メモリアル{6日目編}

学校が始まってしまった。遠くへ行きたい 新ねこです。



釣りバカ釣りキチに憧れて(?)、いざ釣りへ。



ロッドをかまえる有田さん。
剣豪の風格があります。


なかなか釣れない。
そんな時間を楽しめてこそなわけだが。


糸がからまった。
釣りビギナーの誰もが経験する鬼門。


再チャレンジ。
しかし、魚が1匹も見当たらない。無理ゲー


結局、夕飯の時間が近づいてきたので釣れることなく帰宅。


食事は1日の最大の楽しみ遅れるわけにはいかない



急ぐ3人を余所に、
アホ面でバス停の看板を眺める喰覇。
時刻表ではないところがミソ)


ちなみにこれ本人曰く「ガンたれてる」そうで。
そうは見えない



合宿最後の飲み。顧問の文芸学科教授山本雅男先生も交えて。



逃マスとパン。
パッと見の関係性が明智小五郎(左)、小林少年(右)的な。


音吉と恋路。揃ってイイ顔。


ホステス2名常駐のボッタクリBAR「黒い禿」開店。
獲物は小珍ん。束の間の夢を見る。


パン1源氏兄さんの太陽拳


ロック番長の、ダーティな目つき…


「黒い禿」では、客の腕をひねり上げるなど日常茶飯事。

(ガッ)

(ギュウウウウウウウウウウ)
「ギャアアアアアアアアアアアッッ」

(グギュウウウウウウウウウウウウウ)
「イ゛イ゛イ゛いイいイ゛い゛イイい゛いイいッ」

(オギュウウウウウウウウウウウウウウウウ)
「うふぅううぅうぅうぅうううぅうううううぅぅぅ」

和解。この上ないHappy end


飲みの後半、ここではとても書き表せないようなR-18展開(小珍ん絡み)や、
負傷者が出る(足に釣り針が刺さった)など反省必須のハプニングがあったらしいのですが、自分は馬鹿なことに酔って爆睡してしまっていた為、一連の出来事を見る及び写真に収める事ができませんでした…(撮ったところで公開できるような代物ではまずないだろうが)

残念でしょうがない……

部員日誌 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>