将来に対するもっさりとした不安・・・
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
地獄の夏合宿メモリアル{初日目編}

まだまだ暑いです。 新ねこです。

去る9月1日から9月7日までの間、毎年恒例6泊7日の夏合宿に部員総出で行ってきました。

場所は奥多摩の小菅村(バスは1日2,3本)

朝9時から昼まで稽古、それ以降は自由時間。という過酷なスケジュール

をこなす一週間でした。


夜は夜とて、コンパが始まります。

初日の飲み。


ピース男は会長の欲張亭G2。その手前でニヤける英語検亭準二。



つぶれるにゃぁ、まだ早い。



桜ん坊小珍んVS偽流亭半尻。 左が小珍ん、右が半尻。
動きが機敏で、イヤ



寝そべるWノッポ。左、摩天楼音吉。右、握亭寿四浪。
次は草原で寝転ぶといい。野うさぎのように。


もう、ポパイにしか見えません。



小珍んとかしまし家虎子「ダンス・ダンス・レボリューション」
もしくは「バスト・ア・ムーブ」




男共の、




寝潰れる露西家蓮舫容赦なく荒塩を振りかける各駅停舎逃マス
(ムヒ塗ってるだけ説もアリ)



再びWノッポ。音吉の背中は、



一体なにがあったのか今いち見当がつかない半裸の男衆。
ただ一つ言えることは、「男の裸は見苦しい」  以上。

部員日誌 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>