将来に対するもっさりとした不安・・・
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
こたけよせのこくち

江古田における6月の風物詩とも言うべき寄席が開かれます…

*小竹寄席*

6月29日(土)

開場・16:30    開演・17:00 (20:00終演予定)


場所・小竹町会館



江古田駅北口より徒歩5分血反吐が出るほど近い!!)


さて、肝心要の今回のトリは?

青梅生まれの快男児英語検亭準二
が務めさせていただきます。


左の、若干見切れてる男。

上記写真のような華やかさで会を彩ることでしょう。


お暇な休日をお過ごし予定の方は是非是非是非

お知らせ comments(2) -
追ん出しの会大団円

お忙しい中、3月9日の追ん出しの会にお集まり頂いた皆様方に
心からの感謝の意を表させていただきたいと思います。

誠にありがとうございました!

(↑撮影日…おそらく去年の9月)

きっと満足していただけたことであろうと思います。


さて、今回長きにわたり催されてきた卒業公演での初の試みとして、
番組最後にお楽しみ「オチケンサンバ」ブチカマシタわけですが

踊り慣れしていない、ましてやまともに体を動かすことすらままならない
ダンス初心者の部員たちには、練習で並ならぬ苦労がつきまといました。


陣形を決める。大勢で踊るには厳密なフォーメーションが必須(なんですかねぇ?)


練習第一回目。踊ってみる寿四浪と蓮舫。まだまだギコチナイ動き。


✽注(追いかけっこしをているわけではない)


しかし練習もいよいよ大詰めに入ると、難しい振りもなんとかこなせるようになりました。


未だ動きがバラバラな感じが仄かに見受けられるような気がしますが、
細けぇこたぁイイんだよ精神で無事乗り越えました
器はでっかくいきたいものです


前日準備。

舞台上で本番のシミュレーションを行うOB・微微亭鼠男となんちゃっ亭令嬢。


会場作りをこの日に行います。(今年はそれに加えてダンス用のボンボン作りも)


なお高座作りは、屏風(超高価)の貸出などで演劇学科さんの協力なしには出来ない作業です。
毎年お世話になっております




会場隅に太鼓も設置。パンと恋路が出囃し担当。
蓮舫、長唄研究会さんのスパルタ指導の元、仕上がりは上々。
本番でとちらにゃ問題ない。


ついに迎えた本番当日。
花家キューピッドさんの御両親から花束が届いていました。
お気遣いに至極感謝です。



百花繚乱と共に記念撮影。

ここ一番の女の顔 其の


最高にキラキラしてますよダンディーさん


ここ一番の女の顔 其の



開演前の準備。
機材の設置。危なっかしいやつは絶対触れさせてもらえない作業



ハローキティを頭に掲げるG2。
コントでハジケていただきます


歌舞伎メイクの小珍ん&豆大福。もちろんコント要員。
既にハジケてる



ひかる亭源氏、開場直前最後のシミュレーション。
漲る緊張感。



あっという間に開演時間
開口一番は温々亭暖太ん 根多「壺算」



微微亭鼠男 根多→「死神」



コント(出演…欲張亭G2、各駅停舎逃☒、桜ん坊小珍ん、鳩家豆大福)



中トリ、なんちゃっ亭令嬢 根多→「夢金」



柳家さん生師匠を迎えてのご挨拶。

この後、師匠による恒例の一席。



漫才(演者…握っ亭寿四浪、露西家蓮舫)

✽注(漫才中の写真が無いため、いつぞやかに撮影された2人の一枚で勘弁)



トリ、ひかる亭源氏 根多「薮入り」



フィナーレ「オチケンサンバ」(演者…部員総出)



全体の流れはこんな感じでした。
途中、サンバ直前に寿四浪が姿を消すというちょっとした騒ぎがありましたが
(真相→源氏の高座を客席で観てた。源氏の指示で)
滞りなく会を終えることができたと思います。



終了後、部員一同と会の進行に協力していただいた長唄研究会さん・歌舞伎舞踊研究会さんや
顧問の山本先生を交えて集合写真を一枚。

あらっ、寿四浪は??


卒業公演の前座という大役を経験した暖太ん。
得たものは大きいのではないでしょうか。



サンバ用メイクのOB三人衆。
Just the way you are{素顔のままで}と言いたいところですが、
面白いのでどうぞこのままでお願いします。



最後に、道具の貸出や舞台の設営に関わっていただたいた演劇学科の方々、
毎年会の為に時間割いていただいている長唄研究会さん歌舞伎舞踊研究会さん、
山本先生、柳家さん生師匠、そして第四十五回追ん出しの会にお越しくださった
皆様方に、落語研究会一同より深く御礼を申し上げます。

とにかく有難うございました!来年もお付き合いのほど
よろしくお願いいたします。


4年生方、お疲れ様です。

部員日誌 comments(0) -
追ん出し会の告知!
 また今年もやってまいりました。4年の歳月を経た集大成が今ここに
落研OBたちによる学生落語の総決算

第四十五回「追ん出しの会」

3月9日(土) 開場12時半・開演13時

場所・日本大学芸術学部江古田校舎 
東棟音楽小ホール(西武池袋線江古田駅より徒歩3分)

木戸銭無料


例年には無い新たな試みを設けるなどして内容盛りだくさん。

劇団四季を超える感動、往年のドリフ、モンティ・パイソンを彼方に追いやる爆笑をあなたに。

歴史を揺るがす瞬間を刮目せよ。



後輩一同も、首を長くしてお待ちしておりまーす。
お知らせ comments(0) -
林の時代が来た!

2月22日から23日にかけて、全国の大学落研在籍者が岐阜に集い
落語の腕を競い合う「策伝大会」というものが開かれていたわけなんですが、


なんとおめでたい事に、日芸落研4年の微微亭鼠男
見事決勝進出を果たしました。 ネタは「長短」


総勢エントリー数が過去最多の300余人の中から勝ち上がり、
8強に名前を連ねた、鼠男氏決勝選後の勇姿。
審査員の口からは賛辞の言葉しか出ていませんでした。
(だのに、なぜ結果が・・・・・・納得が・・・)


ちなみに昨年の大会では当時3年のひかる亭源氏が同じく決勝進出を果たしています。
同期二人が決勝経験者という、まさに黄金世代
畏敬の念を超えた恐怖すら感じます



そして、賞金2万円の行く末は・・・?

パターンA借金返済として落研会計が徴収
パターンB私物の購入
パターンC後輩共に全額奢る

男の真価が問われる試練といえましょう。

部員日誌 comments(0) -
与太勉うぃる与太勉なう与太勉わず

 盲導犬が神様だったら、崇めてもいい。 新ねこです。



与太郎勉強会にお越しの皆様、または結局行かなかったが一瞬でも行くことを考えた
皆様に心よりお礼を申し上げます。本当にありがとう。愛してる(特に後者)



会の準備から打ち上げまでの様子を紹介させていただきます。


授業による遅刻者を除いて、全員道場に集合。
高座作り開始。



巨大な鏡を模造紙によって隠す作業。
かなり面倒くさい。


小珍んのハゲチェック。
そのうち日常的に酸性雨が降るようになってどうせ皆ハゲるから心配すんな。


落語家の宣材写真みたい。もしくはCDのジャケ写。
弟子入りの日は近い。

小珍んの「落語バカ嫌い」炸裂。


2人の動きの流れ、個人的に気に入ってる。


太鼓で遊ぶわかめと、作業の合間にそれを力なく眺める音吉。
会場作りは1年生の仕事。これが縦社会…!


小珍んのお宝裸エプロン姿
しかしパンツは履いてるので正しくは半裸エプロン

マリリン・モンローも真っ青な悩殺必至のセクシーショット
落研のセックス・シンボルが、今ここに誕生した。


我こそが真のセックスシンボルと言わんばかりに応戦する喰覇。
ハミ出る乳首武器


ぶっちぎり。
あんたが大将!!
(アンダーはちゃんと着てるのでご安心を


遊び呆ける3年を尻目にがんばる1年。重い高座の位置を必死で直す。
憎しみがバネになってるであろうことは想像に難くない。


バストの不自然極まりないふくらみカップだと看破されるあられ。
流石ニセ乳男爵


そして着々と準備は進み、


片やのんきに外で一息。


枕稽古に打ち込む不二子ちゃん。
小道具込みで挑む内容はまさに勝負師のそれ。


物置にこもり最後の稽古を行う逃マス。
邪魔してスンマセンでした。


本番が始まった。

温々亭暖太ん。ウケはけっこう良かったと思う。


豆大福、初のピン芸を披露。


初の新作に挑戦、小珍ん。
中入り太鼓ポカやらかしてゴメンネ


トリは会長。客が少なめなのが若干気にかかる。
(本番中の写真は全部でたったこれだけ。
その前後で莫大な量撮ってるのに)


終演後、わざわざ足を運んでくれた方々との1枚。
ショッカー怪人がひとり紛れ込んでる。


片付けも終わり、打ち上げの時間まで待機。
反省点がいくつか挙げられましたが、絶対次に活かしましょうということで。

メンチをきるのがお好き。


打ち上げ
1次会は日芸生御用達の「かぐら」




どうしてだか、逃マスと源氏兄さんでキスをしなければならない展開に。
(ホモ好き必見)
リードされるも、照れを抑えきれずなかなか踏ん切りがつかないでいる逃マス。


majikissする5秒前


キス直後の1枚。
ことをやり遂げた2人には奇妙な満足感が。
あいだに挟まれた暖太んはいい迷惑


それを笑って眺める寿四浪と豆大福。


源氏兄さん、次なるお相手をロックオン
人ごとじゃなかった
寿四浪、内心ドッキドキ


メガネを外し、覚悟を決める。
(ホモ好き超必見)


majideepkissした20秒間
{カウント担当:新ねこ}
これが噂の[ベロチュー]ってやつですね。僕、初めて見ました。


暖太んの、汚物を見るような目


余韻冷めやらぬ寿四浪。
源氏兄さん曰く「積極的に舌を絡めてきた」
…流石芸責!
(念のため断っておきますが、3人はノンケ……だと思います。  多分)


だんだんみんな出来上がってきてます。



の戯れだと思えば、いいんじゃないでしょうか。




だいぶ酒がはいってる。まだ1次会なのに。




この、思惑がそれぞれバラバラな感じ、大好き


お楽しみのところ水を差すようですが、そろそろ時間ですよ。


1次会締めの乾杯。しかし、まだまだ先は長い。


会計をさっさと済ませて、ひとまず江古田駅南口へ。




W高橋(準二、喰覇)の無駄なドUP
意味深な表情に、ドラマ性を感じずにはいられない


恋路の脂肪遊戯
いい機会だから、めいっぱいさわっとけ。


喰覇の陰毛遊戯
いい機会だから、めいっぱい覗いとけ。


楽しそうで何よりです


フィルム・ノワールを彷彿とさせるアンニュイっぷり。
退廃的なアバンチュールが繰り広げられそう。
ちなみに、2人の総重量は約160kg
自転車かわいそうだな



源氏兄さん、ベロッベロ状態でやっとこさ南口に到着。


完全に宅飲みノリで酔いつぶれてる。後先省みぬ姿勢、
これぞ芸人の鏡。勉強になります。
(見かねた鼠男さんが連れて帰ることに。名残惜しくも戦線離脱


2次会の「備中屋」へGO。



まだまだ元気いっぱいだね!頼もしいぞ!


空元気だったか




あ、V系がいる。




音吉曰く、半尻は「僕の自慢のお友達」
俺も自慢のお友達欲しい。


「2次会お疲れ様でした。カンパーイ!」
いいショット。なのに……
指がっ! 糞ッ! 指が!!


お決まりの南口集合。



突如として始まった馬跳びゲーム。
とりあえず躍動感が、良い。


お次の馬は音吉。
やっぱ、高いな


わかめ、なんとか飛べた。


助走をつける体重80kg代後半
ヤな予感しかしない


案の定、崩れた。そりゃそうだわな。


3次会は「カラオケ館」 喉を潰すつもりで挑む。



トップバッターは喰覇。珍しく自発的に。
独自の音程暴力的に響かせる、原曲を超えた歌唱。


喰覇と並ぶ二大巨頭の一角、
わかめの十八番が火を噴く。ヤパパーヤパパーでお馴染みのアレ。


何歌ってたっけね。


半尻の、軍歌
節ごとに、部員たちの「消せ!!」という愛あるブーイングがこだまする。


恒例、小珍んの「Butterfly」(デジモンOP)で、テンションの底上げ
燃え尽き上等のハシャギっぷり。


「落研の歌姫」の名は伊達じゃない。
金取れる歌唱力。


逃マス&虎子デュエット。混じりっけなしの、純然たるデュエット。
握った、手


「早く人間になりた〜い」
commented by,kouno yoshihisa


選曲に定評のあるパン。
当然、盛り上がる。


体格も雰囲気も似た者同士の恋路と準二。
今はもう、さすがに見分けがつく


W高橋、出撃
しっかり手をつないで、ぬかりはない


徐々に交代しつつ、デュエットが続く。



2人にサングラス黒スーツを着用させたくなった。
背丈的に「ブルース・ブラザーズ」っぽくなりそうだし。


半尻のセクハラデュエット
犠牲者はあられ。


勢いは留まることを知らない


二大巨頭のタッグ技
ヴォーカルスウィングダンスのツープラトン。



とまぁ今日1日はだいたいこんな感じでした、というわけで。



一方、肺炎を患い現在療養中の
露西家蓮舫から以下のようなメッセージが。

「落ち込むこともあるけれど、私は元気です」
                   {露西家蓮舫(吉田波癸)}

部員日誌 comments(0) -
ヨタロウベンキョウ海に捧ぐ

 深爪癖をいいかげん治したい。 新ねこです。




明日の9月29日(土)は、日芸落研の定期寄席
「与太郎勉強会」が行われます。

場所:江古田校舎クラブハウス内道場

開場:15時半  開演:16時

木戸銭:
無料

1年生の選ばれし3人が落語で魅せます

お暇な方は是非

忙しい方はきっと気のせいなので是非是非




Wind is blowing from the Aegean  女は海

好きな男の腕の中でも 違う男の夢を見る

Uh-  Ah-  Uh-  Ah-






私の中でお眠りなさい

ご来場、心よりお待ちしております。

お知らせ comments(0) -
G2会でマヌーシュ・スウィング
 一雨毎に秋になるのだ、と人は云うなんたらかんたら、 新ねこです。


9月16日、杉並区は西荻窪駅近辺に店を構えるCafeBar「ZiZi Annabelle」(おしゃれでハイセンス、それでいて親しみやすいすごく良いお店)にて、会長・欲張亭G2主催の寄席、
「G2会」が執り行われました。


会場満杯のお客で大盛況といっても差し支えないのでは?
と思いましたが、言いすぎですかね。


打ち上げ。酒と料理が文句なしに美味かった。


演者の人々。
会長のわがままに付き合っていただき、会に主役を喰うほどを添えて頂いたキラキラダンディーのお二方きゃりーはにゅはにゅことマジック研究会の羽生中央大のふられ亭愛狂さんひたすら感謝
是非、今後とも宜しくお願いいたします。
部員日誌 comments(0) -
欲望という名の夏合宿メモリアル{最終日編}

 生きづらいです。    ハイ、甘えです。 新ねこです。



合宿最後の稽古終わり、

恋路のピアノ演奏に耳を傾ける。
四国1位の経歴は伊達じゃなく、冗談抜きの実力
5日目に弾いてくれた「菊次郎の夏」は絶品でした。



昨年、舞い上がったテンションの果てと見紛うかごとき突進で
ブチ抜いてしまった壁の巨大な風穴が、驚きの白さでもって見事復活
破壊した張本人ビックリ!
(前会長の判断、「連帯責任」として修繕費ひとり3000円ずつ徴収されたのには、
未だに納得がいかない



稽古閉めのため一旦集合。


お調子者め


二日酔いでグロッキーの小珍ん。
昨夜の記憶は無い。


集合写真撮影のためカメラをかまえる源氏兄さん。
自分のカメラも渡して撮ってもらえばよかった。ウッカリしてた。


撮影終了。みんなイイ顔。



終始ダウン状態の小珍んに注がれる、
冷ややかな視線…


食堂にて。あとは昼飯食べて帰るだけ。




新旧会長、Wカメラ目線。なんか、おもしろい。


バスが来るまでの間、熟年層向け成年誌の懸賞に応募する
音吉と喰覇。狙いは×××(お察しください)。
当たった場合のプレゼントの届け先は、準二の住所…。


バスへ乗車。向かうは奥多摩駅。

約40分もの間、険しい山道を下り続ける。
揺れまくりのスリルある乗り心地



僕らの芸責。
ひと仕事終えた感のある表情。おつかれさんです。


やっとこさ駅に到着

片方はまだ元気ありそうね。


あまりに無防備すぎる、自然なアクビ面
食べられそう



解散前の円陣。
万遍なく顔に疲労の色が見えます。
でも、あとは帰るだけ。


電車内では無論、寝る



お家につくまでが合宿です。

とにかくまぁ、全員お疲れ様でした。


部員日誌 comments(0) -
脱走と追跡の夏合宿メモリアル{6日目編}

学校が始まってしまった。遠くへ行きたい 新ねこです。



釣りバカ釣りキチに憧れて(?)、いざ釣りへ。



ロッドをかまえる有田さん。
剣豪の風格があります。


なかなか釣れない。
そんな時間を楽しめてこそなわけだが。


糸がからまった。
釣りビギナーの誰もが経験する鬼門。


再チャレンジ。
しかし、魚が1匹も見当たらない。無理ゲー


結局、夕飯の時間が近づいてきたので釣れることなく帰宅。


食事は1日の最大の楽しみ遅れるわけにはいかない



急ぐ3人を余所に、
アホ面でバス停の看板を眺める喰覇。
時刻表ではないところがミソ)


ちなみにこれ本人曰く「ガンたれてる」そうで。
そうは見えない



合宿最後の飲み。顧問の文芸学科教授山本雅男先生も交えて。



逃マスとパン。
パッと見の関係性が明智小五郎(左)、小林少年(右)的な。


音吉と恋路。揃ってイイ顔。


ホステス2名常駐のボッタクリBAR「黒い禿」開店。
獲物は小珍ん。束の間の夢を見る。


パン1源氏兄さんの太陽拳


ロック番長の、ダーティな目つき…


「黒い禿」では、客の腕をひねり上げるなど日常茶飯事。

(ガッ)

(ギュウウウウウウウウウウ)
「ギャアアアアアアアアアアアッッ」

(グギュウウウウウウウウウウウウウ)
「イ゛イ゛イ゛いイいイ゛い゛イイい゛いイいッ」

(オギュウウウウウウウウウウウウウウウウ)
「うふぅううぅうぅうぅうううぅうううううぅぅぅ」

和解。この上ないHappy end


飲みの後半、ここではとても書き表せないようなR-18展開(小珍ん絡み)や、
負傷者が出る(足に釣り針が刺さった)など反省必須のハプニングがあったらしいのですが、自分は馬鹿なことに酔って爆睡してしまっていた為、一連の出来事を見る及び写真に収める事ができませんでした…(撮ったところで公開できるような代物ではまずないだろうが)

残念でしょうがない……

部員日誌 comments(0) -
G線上の夏合宿メモリアル{5日目編}
 先日、初体験を済ませました(初めてどしゃ降りの中教習車を運転した。という) 新ねこです。



それぞれのリラックスタイム

ふぬけども。絵に描いたような。


対照的によく働く1年女子。見習え。


小珍んと何も知らない目をした、会長。


人肌のぬくもりに飢えた、24歳



愛をください、24歳


緩やかにと化していく24歳
あっちを、見ているの? そこにいるの?


目はウツロ その目に映るものもまたウツロ 世界はがらんどう 私はもぬけのから。


今夜の企画について尋ねに来た恋路。
そこの骸に用がある。


時すでに遅し。芸責、穏やかに輪廻の果てへ…


それを見送る、蛾。




さすらいの吟遊詩人のような出で立ちで復活。
流石芸責。





過去の録画ビデオをみんなで楽しむ。
子持ちの年増女が萌えそうな絵面。


義務の飲み。本日到着したOBの光亭源氏なんちゃっ亭令嬢微微亭鼠男花家キューピッド、桜ん坊ぽん珍さん達を交えて。








今宵は毎年恒例の川柳大会を決行。
今年のお題は「毛が抜けて」と「ツイッター」でした。(五・七・五に単語を入れる)


字余り、字足らず、ドを超えた悪ふざけは御法度の、厳格な川柳バトル。
の訳がない。


集まった川柳を黒板に書き起こす作業の合間、
微微亭鼠男氏による武田鉄矢の物まね寸劇が。
非行に走った生徒を叱責する金八先生。


武田鉄矢愛のムチ(ビンタ)を喰らう生徒役の桜ん坊ぽん珍こと
武田英樹氏(26歳)


腹を抱えて笑うとはまさにこのこと。



大会の方もひと段落つき、しばし脱力。

ちなみに全員から総スカンを喰らったワースト川柳は、
「ツイッター 楽しい」(作・喰覇)



飲み終了後の午前2:30頃。

明日やる落語のために稽古をするわかめ。
大仏の出てくる根多をやるんですね。


あられの稽古前の準備運動、超高速腹筋の瞬間を捉えた一枚。
ハード



一方、遅くまで飲み続けた挙句泣きながら眠る芸責。


それを心配するあられとビデオ片手にはしゃぐ「和光無限」(Tシャツ参照)


「和光無限」大はしゃぎ。(鬼畜)



飽きたので帰ることに。


……頑張れ河野!負けるな河野!

そして、おやすみなさい。武田さん。



部員日誌 comments(0) -
| 1/23 | >>